中外製薬株式会社

ハーセプチンの治療を受ける患者さんへ くすりの特徴と副作用について正しくご理解いただき、主治医の指導に必ず従ってください。

当ウェブサイトに関する注意事項 以下の点をご了承の上、ご覧ください。

ハーセプチン注射用60、ハーセプチン注射用150(以下、ハーセプチン)は、2001年4月に厚生労働省より、効能・効果を「HER2過剰発現が確認された転移性乳癌」として承認されました。
また、2008年2月に「HER2過剰発現が確認された乳癌における術後補助化学療法」について適応追加、2011年11月に「HER2過剰発現が確認された乳癌における術前補助化学療法」の承認を取得しました。なお、2011年11月の承認時のハーセプチンの乳癌に対する効能・効果は、既承認及び追加の効能・効果を合わせて、「HER2過剰発現が確認された乳癌」とされました。さらに、2011年3月に「HER2過剰発現が確認された治癒切除不能な進行・再発の胃癌」について適応追加が承認されました。

このサイトは、ハーセプチンに関わる情報を患者さんに提供することにより、ハーセプチンの適正使用を図る目的で作成しております。

中外製薬株式会社は、本サイト上の情報について細心の注意を払っておりますが、内容の正確性・完全性・有用性等に関して保証するものではなく、また、本サイトおよび本サイトに掲載されている情報を利用することにより発生したいかなる損害についても責任を負うものではありません。詳細は下記「ウェブサイト利用規定」をご覧ください。